火力発電

更新日:2017年11月16日

昔から日本で行われている歴史の長い発電方法で、日本全国に発電所が設けられています。

同じく歴史の長い水力発電所や原子力発電所は、電力の大消費地から離れている場所に建設されている一方で、火力発電に関しては東京や大阪や名古屋などといった大都市でも規模の大きな発電所が稼働しています。

仕組み

火力発電の仕組み

基本的な発電の仕組みはこちらのイラストの通りです。燃料を用いて高温かつ高圧の蒸気を発生させ、その蒸気を用いて発電機に繋がれたタービンを動かして発電します。なお、発電所の種類によって細かいところが多少異なります。
(イラスト出典:中部電力

主な設備

  • ボイラー
    水を熱して蒸気を作るための設備です。蒸気は蒸気タービンに送られます

  • 蒸気タービン
    蒸気によって回転する羽根車のことです。発電機に繋がれています。

  • ガスタービン
    蒸気ではなく高温のガスによって回転する羽根車です。主にガスタービン発電やコンバインドサイクル発電に用いられています。

  • 発電機
    タービンが回転する力を利用して発電を行う設備です。

  • 変圧器
    発電機で発電した電力を送電する際、送電ロスを抑えるために電圧を変更する必要がありますが、その機能を果たす設備です。

  • 復水器
    蒸気タービンを回すために使用した蒸気を再び水に戻すための設備です。蒸気から戻された水は再びボイラーへと送られます。

  • 煙突
    火力発電を行う際に発生する排気を、上空へ放出するための設備です。

使用する燃料

  • 石炭
    世界的に埋蔵量が豊富で価格が安定しているというメリットがありますが、同時に二酸化炭素排出量が多いというデメリットも抱えています。

  • 天然ガス
    石炭と同様に多くの火力発電所で燃料として用いられていて、シェアは最も高いです。二酸化炭素や有毒ガスの排出量が比較的少ないという点が特徴です。

  • 石油
    原産地が限られていて、価格も変動が激しいことから、石炭や天然ガスと比べると燃料として使っている発電所は少ないです。

種類

  • 汽力発電
    蒸気の力で発電を行う最もベーシックな火力発電の種類です。

  • 内燃力発電
    ガスエンジンやディーゼルエンジンやガスタービンを使用するタイプの発電です。

  • コンバインドサイクル発電
    ガスタービンで発電を行い、その際に発生する排熱を用いて汽力発電を行うという効率の高い発電方法です。

メリット

  • 出力が高い(発電量が多い)
  • 季節や天候の変動による影響を受けない
  • 大消費地にも建設できるため、送電ロスが少ない
  • 二酸化炭素や有毒ガスの排出量を減らすための技術が進歩している
  • コンバインドサイクル発電のような発電効率の高い仕組みが開発されている

デメリット

  • 二酸化炭素を排出する
  • 石炭と石油を使う場合は有毒ガスも排出する
  • 日本では化石燃料(石炭・石油・天然ガス)がほとんど採れない

賛成意見

●●私は火力発電の推進に賛成です。理由は火力発電の発電効率の良さです。火力発電はその他の水力発電や風力発電と比べて発電効率が良いです。これら3つの発電は、いずれも何らかの環境問題につながりますが、そうであれば、最も発電効率の良い火力発電の推進を後押ししたいと思います。

たしかに、二酸化炭素の排出が火力発電の問題点として挙げられることがありますが、今は技術がどんどん進歩していて、排出量は少なくなっています。今後もどんどん排出量は少なくなっていくでしょう。

そうであれば、森林伐採によって生態系を壊す風力発電や、長期間経過すると効率が悪くなっていく水力発電を推進するぐらいなら、火力発電を推進していった方が断然よいでしょう。

また、もし事故を起こしたとしても、被害を局所的に抑えられることも火力発電の良いところです。この点を考えると、安全な発電方法ともいえると思います。発電効率が良く、比較的安全な発電の火力発電をもっと広げていくべきだと思っています。

●●火力発電について、近隣に2箇所の火力発電所がある地域に住んでいますが、今まで一度も不安を感じたことが無いので、賛成です。震災の時ですら、火力発電所での大きな事故やトラブルを聞いたことがありませんでした。

自宅周辺では、一定期間、輪番制の計画停電はありましたが、すぐに解消されました。職場の方は、工業地帯でもあり、優先的に電力を供給してくれていました。

今、人々に一番求められているのは、安全性だと思います。震災を経験した身として、火力発電には絶大な信頼を置いています。近年の猛暑で、電力消費量が大きくなった時も、企業との連絡もスムーズで、節電のお知らせがすぐに来ます。

お知らせの社内放送が入ると、電気を消したり、エアコンを消したり温度を上げたり、社内でも協力的にみんな動きます。これも絶大な信頼感あっての動きです。電力を安定供給出来たり、安定した価格だったり、火力発電にはメリットがたくさんあると思います。

●●自分は火力発電には賛成です。理由は、日本の最も多くの電力を作り出しているのはこの火力発電だからです。日本の電力の6割から7割を作り出しているので、火力発電がなくなれば、日本はたちまち電力の安定供給ができなくなると思います。

電力需給量を調整できるのが魅力の1つです。発電量を比較的簡単に調整することができ、電力需給のピーク時には出力を高めにしたり、電力需給が少ない時は出力を下げるなど便利に利用することができるのです。

万が一、事故が発生しても、局所的な被害で留まります。

地球温暖化の原因になる二酸化炭素を多量に排出するので、世界情勢の「二酸化炭素の排出量削減」とは逆行していますが、新しい天然ガスなどの燃料として使うことで、以前より二酸化炭素の排出量が少なくなってきています。

反対意見

●●火力発電の最も大きなデメリットは、化石燃料を産出できる国に経済的に依存してしまうということです。日本は化石燃料の約85%を他国に輸入しており、輸入額は何と20兆円を超えます。

もし仮に、化石燃料の産出国からの輸出が滞れば、日本経済は簡単に破滅してしまうのです。そんなことは起こらないと思っている人もいるかもしれませんが、これが現実に起こったのが第二次世界大戦です。

第二次世界大戦の日本は化石燃料産出国からの輸出を止められ、無謀な戦争へと進まざるを得なくなってしまいました。化石燃料を産出できない国は、化石燃料の輸出を止められるだけで簡単に追い込まれてしまうのが歴史の証明なのです。

また、地球の化石燃料はすでに限界に近づいているとされており、日本の火力発電が全て機能しなくなることも現実にあり得ます。火力発電に依存することは文字通り、国家的な危険を孕んでいるのです。

火力発電の最大のデメリットは、他国へ経済的に依存せざるを得なくなるという恐ろしい状況が生じることなのです。

●●私は化石燃料を燃やすことによって発電する火力発電には反対です。やはり二酸化炭素を排出することが大きな原因です。地球温暖化は緊急に対策すべき問題です。

ただ夏が熱いと言った問題では済まされなくなるところまで来ています。このままでは毎年のように熱中症による死者が何人も出てもおかしくない状況です。地球規模で考えなくてはならない問題です。

まずそれには二酸化炭素を減らすことです。二酸化炭素を地中に埋めて、何万年後かに大理石になると言ったプロジェクトもありますが、まずその排出量を抑えることが先決です。再生可能エネルギーによる発電という道に、思い切って切り替える必要があると思います。

原子力発電や火力発電からの脱却です。東日本大震災のあと、福島原発の事故があり、日本中で節電が余儀なくされましたが、それでも日本人は少ない電気で生活できました。

原子力発電や火力発電に頼らない道を選ぶと、どうしても少ない電気量で生活しなくてはなりません。しかし、一度経験して出来たことです。もう一度出来るはずです。

●●火力発電については、以下の理由から全面的に反対です。

まず、火力発電という仕組みは、大量の石油や石炭を必要とします。石油や石炭は限られた資源であるため、火力発電という仕組み自体が持続可能な発電方法ではないということです。2

1世紀の社会においては、持続可能型の社会を目指すことが求められています。そのような発想から、クリーンエネルギーなどの新しいエネルギー政策が唱えられてきています。そのような状況の中、従来の火力発電という方法に頼ることは、時代の流れに逆行するものでしょう。

次に、火力発電の仕組み自体が、大量の二酸化炭素を生じさせるものであります。二酸化炭素によって地球温暖化をさらに悪化させてしまうのです。

二酸化炭素と温暖化の問題は、あらゆる研究によって明らかになっています。それにもかかわらず、火力発電を通じて大量の二酸化炭素を生じさせることは、地球温暖化にとっての悪影響が計り知れません。

なお、火力発電に頼らなくても、原子力発電や風力発電といった発電方法をとることによって、火力発電のデメリットを生じさせずに、同量のエネルギーを確保することは十分可能ですから、火力発電自体をなくしてしまっても生活に支障は生じません。

よって、火力発電については、全面的に反対です。

関連性の高いエネルギー

火力発電所一覧

北海道から沖縄まで数多くの火力発電所が今現在も稼働を続けていますが、そんな発電所の一覧を「DoCoJapan(ドコジャパン)」という姉妹サイトでまとめています。地方別や都道府県別にまとめているほか、火力発電についての詳細も解説しています。