スマートハウス

スマートハウスとはHEMSと呼ばれるエネルギー管理システムを導入し、エネルギー最適化を図っている住宅のことを意味します。

エネルギー最適化によって節電や電気代の削減が可能となるだけではなく、非常時の電源としても役立つことから、次世代型住宅として注目を集めています。そんなスマートハウスのご紹介をしたいと思います。

仕組み

スマートハウスの仕組み

スマートハウスそのものに何か特別な仕組みがあるというわけではなく、HEMS(Home Energy Management System)を導入していれば一般的にスマートハウスと見なされます。スマートハウスという言葉にも厳密な定義はありません。

HEMSで「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」が可能となり、節電への意識が高まるだけではなく、従来の住宅では不可能だった外部からの家電製品の制御もできるようになります。(イラスト出典:福岡スマートハウスコンソーシアム

主な設備

  • HEMS
    「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」をするための設備です。ヘムスと読みます。

  • スマートメーター
    電力供給者(電力会社)が各家庭や建物の消費電力をリアルタイムで把握するための設備です。スマートグリッドに欠かせない存在となっています。

  • 省エネ家電
    従来の家電製品よりも省エネ性能が高い家電製品のことです。

  • 太陽光発電
    屋根や壁面に太陽電池パネルを設置して、太陽光を利用して発電を行います。

  • 家庭用蓄電池
    電力をストックしておくための設備です。イメージ的には携帯電話やデジタルカメラの電池の巨大版です。

  • コージェネレーション
    ガスを用いて発電を行い、その発電時に生まれる熱を給湯や冷暖房などに活用する設備のことです。

  • 電気自動車
    電気の力で動く自動車のことです。家庭用蓄電池として活用することもできます。

  • ハイブリッドカー
    電気で動くモーターとガソリンで動くエンジンの両方を備えている自動車のことです。電気自動車と比べると環境性能は劣りますが、走行距離は優れています。

使用する燃料

スマートハウス自体に何か燃料が必要になるということはありませんが、家庭用コージェネレーション設備(エネファームやエコウィルなど)を導入する場合は都市ガスかLPガスが燃料として必要となります。

種類

スマートハウスには特に種類や分類はありませんが、スマートハウスとよく似た用語がいくつかありますので、そちらをご紹介させて頂きます。

  • スマートビル:スマートハウスのビル版
    BEMSと呼ばれるビルのエネルギー管理システムが導入されています。

  • スマート工場:スマートハウスの工場版
    FEMSと呼ばれる工場のエネルギー管理システムが導入されています。

メリット・デメリット

冒頭の通り、スマートハウスはHEMSを始めとしたエネルギー設備を導入している住宅のことを意味しますので、メリットとデメリットは設備ごとに異なります。主な設備については独自のページを設けて、そちらでメリットとデメリットをご紹介しています。それぞれイラスト付きの解説もご覧頂けます。

ハウスメーカー比較

最後にスマートハウスを扱っているハウスメーカーの情報をご紹介します。大手を中心に既に多くのハウスメーカーが独自のスマートハウスブランドを展開しているのですが、「スマートハウスと家庭用蓄電池のスマクー」という姉妹サイトでは、各ハウスメーカーの比較をしています。スマートグリッドやHEMSの情報も満載です。