HEMS

次世代の省エネ型住宅であるスマートハウスに必ず装備されている装置があります。それがHEMSです。Home Energy Management Systemを省略した言葉で、日本語では家庭用エネルギーマネジメントシステムなどと訳されることもあります。間違いなく今後普及が進むとされている、注目度満点の装置です。

仕組み

HEMSの仕組み

家庭内のエネルギー設備や家電製品を連結して、発電量や電力使用量などを数値で表す仕組みのことをHEMSと言います。また、HEMSを通じて外部から家電製品の操作を行うことも可能です。前者の機能は「エネルギーの見える化」、後者の機能は「エネルギーの制御」と名付けられています。

厳密に言うと、HEMSは「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」を行うシステム全体のことを指しますが、実際に発電量や電力使用量などを表示する専用のタブレット端末のことをHEMSと言うこともあります。

なお、現状では「エネルギーの見える化」だけの機能を有しているHEMSがほとんどで、「エネルギーの制御」に関しては、HEMSによる制御に対応している家電製品が必要となるため、まだ一部の商品でしか導入されていません。
(イラスト出典:一般社団法人 環境共創イニシアチブ

主な設備

  • 無線ネットワーク
    家電製品を無線ネットワークで繋ぎます

  • 電力測定器
    分電盤に電力測定器を設置し、使用電力を測定します

  • タブレット端末
    発電量や電力使用量などを表示する端末です。パソコンやスマートフォンを用いてオンライン上のホームページで確認するタイプのHEMSの場合は不要です。

測定の対象

HEMS商品によって異なりますが、主な測定対象は以下のようになります。

  • 電力使用量
  • 水道使用量
  • ガス使用量
  • 蓄電池の蓄電量
  • 燃料電池の発電量
  • 太陽光発電の発電量
  • 電気自動車の充電量
  • プラグインハイブリッドカーの充電量

種類

HEMSそのものに種類はありませんが、意味の似ている用語をご紹介します。

  • BEMS:HEMSのビルバージョン
    Building Energy Management Systemの略

  • FEMS:HEMSの工場バージョン
    Factory Energy Management Systemの略

  • CEMS:HEMSの地域バージョン
    Community Energy Management Systemの略

メリット・デメリット

  • 補助金制度が用意されている
  • 過去のデータと比較することができる
  • 家の外にいても家電製品の操作が可能となる
  • 蓄電池や給湯器など、様々な設備と連携することができる
  • 電力使用量が数値化されることによって、省エネへの意識が高まる
  • HEMSで制御できる家電製品がまだ少ない
  • 蓄電池や太陽光発電と比べると知名度が低い
  • 導入の費用対効果が素晴らしく優れているとは言い難い

関連性の高いエネルギー

メーカー比較

一般への知名度はまだ低い状態ではありますが、既に多くのメーカーがHEMS市場に参入しています。姉妹サイトの「スマートハウスと家庭用蓄電池のスマクー」にて、大企業から中小企業まで15以上のメーカーの商品を比較してご紹介しています。実際にどのような商品が販売されているのか知りたいという方はぜひご参照ください。