4製品の違いを比較

更新日:2017年7月16日

エネファームはガス事業者が中心となってPRを続けていますが、ガス事業者が同じようにPRしているよく似た名前の製品がいくつかあります。エコウィル・エコジョーズ・エコキュートの3つです。

名前だけだとどのような製品なのか見当も付きませんが、エネファームも含めて、それぞれの違いを比較してみたいと思います。

比較表

比較項目 エネファーム エコウィル エコジョーズ エコキュート
概要 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム 家庭用ガスコージェネレーションシステム 潜熱回収型ガス給湯器 家庭用ヒートポンプ式給湯器
動力 ガス(水素) ガス ガス 電気
発電能力 あり あり なし なし
給湯能力 あり あり あり あり
販売価格 200~300万円 70万円前後 25万円前後 60万円前後
補助金 あり あり あり あり
メーカー 東芝
ENEOS
パナソニック
本田技研工業
長府製作所
ノーリツ ほか
リンナイ
パーパス
パロマ ほか
ダイキン工業
三菱電機
日立 ほか

主な特徴

エネファーム

最初にご紹介するのは当サイトでも大々的に取り上げているエネファームです。

燃料電池の仕組みを利用したコージェネレーションシステムとなっていて、発電能力も給湯能力も最も優れています。一方で販売価格はかなり高額となっています。自立運転が可能な製品も登場したため、非常時や緊急時にも役立てることができます。

エコウィル

前述の4製品の中で、最もエネファームに近いと言えるのがエコウィルです。エネファームは燃料電池を使って発電を行いますが、エコウィルはガスエンジンを使います。

どちらもガスを必要とするコージェネレーションシステムであることに変わりはありませんが、能力差はかなりのもので、それが販売価格に反映しています。

口コミ

●●エコウィルを設置してから、自分なりに良かった点や悪かった点が見えてくるようになりました。

まず、私がエコウィルを設置して良かったと思った事は、電気代が下がった点です。エコウィルを設置する前と後では、電気代がかなり変わったのでビックリしました。

逆に悪かった点は、床暖房の設備がないとあまり発電の力が出ないといった点です。最初はエコウィルの事をあまり理解していなかったので、お湯を使わないと思ったほど発電しないといった事も分かりませんでした。

それと、エコウィルを設置する前は床暖房ではなかったので、わざわざ床暖房の設置工事もしました。今思うとここまでする必要があったのかどうか少し考えてしまいますが、ただ電気代を下げる事が目的だったので、結果としては満足しています。

万が一壊れたとしても保証がちゃんときいてるので、オイル交換や修理費が無料なのも嬉しい点です。総合的に考えてみると、やはりエコウィルを設置して良かったなと思いました。

●●私はエコウィルを使用して3年目になります。1年目は自動発電に設定していました。2年目は手動にきりかえました。なぜかというと、手動の方が光熱費を格段に抑えられることができるからです。

自動発電は、日々の生活で電気などを使用される状況をエコウィルに内臓されたコンピューターが覚えます。そして、生活に合わせて、日々、事前に発電等をしてくれます。

しかし我が家の場合、電気やお風呂などの使用する時間が日々異なるため、エコウィルのプログラムに勝手に内蔵されてしまうと、普段使わない時間に発電したり、お湯を作ったりしてしまいました。

仕事の時は、自宅で電気やガスを使わないので、日中はエコウィルを停止させています。そして、帰宅して電気を使う時間帯にエコウィルを使用するといった使い方をしています。

ガス管を引いて自宅でガスを使用するより、エコウィルを使用するときに切り替えたほうが料金的にも安くなるので、その点はすごい便利だと思いました。節約効果もでているので、これからも使用していきたいです。

●●私は大阪の戸建てに住んでいます。今現在、大阪ガスのエコウィルと太陽光発電のダブル発電を利用しています。

生活費節約を考えており、オール電化も検討していたのですが、あまり家族の評判が良くなかったため、エコウィルを導入することになりました。また、床暖房を利用していたため、エコウィル導入の条件を満たしているのも大きかったです。

エコウィルは基本的に自ら発電を行わないため、自分たちである程度お湯を使わなければなりませんでした。電気代が安くなる分、水道費などの費用はかさんでしまいました。また、エコウィルは発電量を調整できないため、稼働時に想像以上の発電をしてしまうケースもありました。

ただ、エコウィルは電気代が安くなるという点では、効果が期待できると思います。特にガスを多く使う季節や、床暖房を利用する時などは、電気代を大きく引き下げることが可能です。ガスの使用量と差し引いてもメリットがあると思います。

エコジョーズ

エネファームとエコウィルは発電能力のある製品ですが、ここからは発電能力のない製品となります。

エコジョーズは高性能なガス給湯器です。従来型のガス給湯器よりも熱を効率的に利用することで排気ロスが減少し、省エネ性能が向上しています。ガス料金の節約ができるほか、二酸化炭素排出量削減にも貢献できます。

口コミ

●●家を新築するにあたって、エコジョーズを取り入れました。我が家では、風呂やキッチンなどへの給湯と床暖房に使用しています。ガス料金については、ガス得プランが適用されますので、通常の料金よりも安くなっています。

今の家に来るまでは、賃貸の集合住宅でした。床暖房はもちろんなく、風呂も給湯のみのタイプで追い炊き機能もないものでした。その状況と比べると今は、断然快適になっています。

特に、床暖房がこれほどまでに快適なものとは思ってもみなかったです。足元から温めてくれる床暖房は、エアコン等にありがちな頭は暑いが、足先が冷たいというものもなく、ひざ掛け等を併用すると、低い温度設定でも充分に過ごせます。おかげで、暖房のためにエアコンを使用する頻度がほとんどなくなりました。

経費について見てみると、確かに以前と比べると、ガス料金の支払は増えています。ただし、暖房に使用していた灯油代やエアコン暖房で使用していた電気代等のことを考えると、それほどの負担増にはなっていないと思います。

何よりも、灯油を買いに行ったりする手間もなくなったというのが大きなメリットです。

●●昨年の夏に自宅のお風呂が壊れてしまい、リフォーム業者に相談したところ、エコジョーズを薦められたので、この時とばかり、我が家もエコジョーズデビューをしました。

率直な感想として、まず光熱費が格段に安くなりました。使用しているお湯の量やガスの使用時間は以前より少し増えたぐらいなのですが、導入後の使用量と料金を見てみると、月6000円ぐらいかかっていたものが、3500~4000円ぐらいに抑えられていました。

「今まで使っていた給湯器に比べ、熱交換の効率化が図れます」と営業の方が言っていた通り、効果はありました。

しかし、6ヶ月たった頃にきた料金表を見てみると、以前より少し高くなっていました。

原因を考えてみると、やはりいくら熱効率が図られても、使用する量が増えれば料金も比例して高くなるということを忘れてしまっていたことが考えられ、以前同様エコを意識してガスを使うよう心掛けるようにしました。

結果としては年間かなりのお得感は感じられると思います。

●●マイホームを買った時に大阪ガスと契約をしたのですが、ガスを開栓しにきてくれた業者の人から「エコジョーズにするとガス代の節約になります」と言われたので、エコジョーズにしました。

その時にエコジョーズの仕組みを説明されたのですが、今一つなにがいいのかわからなかったのでネットで調べました。

エコジョーズとは、省エネ高効率給湯器のことです。従来の給湯器では、約200度の熱をそのまま利用せず排出していたのですが、エコジョーズでは、この約200度の熱を利用して無駄を減らしています。なので、ガスエネルギーを無駄なく使えるので、年間の光熱費を抑えることができます。

しかし、エコジョーズは従来の給湯器に比べ、初期費用が高めです。ただ、環境にも優しい給湯器のエコジョーズ。ガス代も節約できて、二酸化炭素の排出量も削減できるので、初期費用は高めですが、エコになることは間違いなしです。

エコキュート

前述のエネファーム・エコウィル・エコジョーズの3つがガスを利用する製品であるのに対して、エコキュートは電力を利用します。

ヒートポンプという技術を活用しているという点が特徴的で、エコキュート導入住宅専用の電気料金優遇プランも用意されています。性能的にも価格的にも、エコウィルがライバルに相当します。

口コミ

●●2年前に家を新築したときにエコキュートにしました。実際に使ってみて不便なところは何もありません。

お湯を夜の間に沸かしてくれるので、昼間の電気代がおさえられるところがすごく助かっています。また、夜の電力は昼間よりも安いので、以前よりも全体的に電気代をおさえられていて、ありがたいです。

大気中の熱をつかってお湯を沸かすことで、CO2が削減できるのもいいと思います。自分が頑張っているわけではないけれど、間接的に地球温暖化ストップに貢献できているのかなと思えるからです。

家を建てるときにハウスメーカーの方からエコキュートについての説明を受けましたが、なんだか専門的な感じで正直よくわかりませんでした。でも、主人が「地球に優しくエコだし電気代も節約できるということだよ」と言っていたので、エコキュートにしました。

エコキュートにしたから特別変化があったことはないですが、電気代の面でも地球環境の面でもエコキュートにしてよかったと思っています。

●●我が家は電気とプロパンガスを使用しておりました。私も妻も一人暮らしの経験があったためか、電気代とガス代もある程度把握していたので、このプロパンガスの料金の高さに頭を抱えていました。

ただ、子供が生まれ、妻も退職し、自宅で料理をすることが増えることが予想され、その時をきっかけに「オール電化」にかえてみました。もっと早く変えるべきであったと後悔しました。

お風呂を沸かす頻度は以前と変わらず、ガスコンロの使用頻度は増えたのに、今まで支払っていた金額の約半分になりました。IHコンロとエコキュートの組み合わせで電気料金のプランも変わりましたし。妻と二人で「今までなんだったんだろね」って笑ってしまいました。

三人家族で370Lのエコキュートにしたのですが、全く問題ありません。たまに夏場朝風呂に入って、帰宅後シャワーを浴びた際に湯切れを起こすこともありますが、すぐ沸かせますし、そんなことはめったにありません。

エコキュートに対して、悪い点は今のところ何も思いつかないですね。本当におススメですよ。

●●エコキュートにして、夜中の電力の安い時間帯にお湯を沸かすので、電気代の節約になっていると思います。ガスだった時と光熱費を比べると、だいぶ安くなりました。

ガスの値段は、都市ガスや契約しているガス会社によって違うと思いますが、私の地域はガスが高かったので、だいぶ節約になったと思います。

沸かしたお湯が少なくなると自動で沸き増しをしてくれるのですが、お湯を使いすぎてしまったり、沸かす量が少なかったりすると、日中にお湯が足りなくなってしまいます。

電気料金が高い時間帯に沸き増しをすることになるので、お湯をたくさん使い始める冬になると沸かしておく量を増やしたり、夏には減らしたり、このように注意しないともったいないことになると思います。

エコキュートを使ってない時は、違う場所で同時にお湯を出すと水圧が弱まったり、温度が下がったりということがあったのですが、エコキュートにしてからそのようなストレスがなくなりました。

お湯の残り量など表示されるので、意識的に水の節約も心がけるようになりました。