エコキュート

2001年に販売開始されたエコキュートは、現在国内で500万台ほど普及していますが、そもそもエコキュートとは何なのか、そして導入するとどのようなメリットやデメリットがあるのかなど、こちらのページで解説したいと思います。

仕組み

エコキュートの仕組み

エコキュートのシステム構成図

エコキュートとは「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」の愛称です。ヒートポンプと呼ばれる技術を取り入れた電気給湯器で、空気の熱を利用してお湯を沸かすという特徴を持っています。2001年に販売開始されて以来、節電やエコ活動への意識の高まりもあり、既に500万台ほどが普及しています。

エコキュートの基本的な仕組みは上のイラストの通りです。1枚目はエコキュートの概念を、2枚目はエコキュートの詳しい原理を表しています。なお、イラストの出典は「三菱電機公式ホームページ」と「ダイキン工業公式ホームページ」です。

メリット・利点

以前は「省エネ・電気代削減」といったところが大きなメリットとして挙げられていましたが、近年における防災意識の高まりから、「非常時に貯まった水を使える」というメリットも注目を浴びるようになりました。

  • 電気代の安い深夜電力を利用するため、光熱費が安い
  • 断水時などにはタンク内の水を非常用水として使える
  • 停電が起きてもタンクから水を取り出すことができる
  • メーカーが豊富でより自宅に合った製品を選べる

デメリット・問題点

続いてエコキュートのデメリットをご紹介します。エコキュートを導入して満足している方が多数いらっしゃる一方で、以下のようなデメリットを感じているという方も少なくはないようです。

  • すぐにお湯が出ない
  • 使いすぎると湯切れが起こる
  • 故障しても自分の手では直せない
  • 深夜に低周波騒音を起こす可能性が有る
  • 空気の熱を利用するため、冬は効率が下がり、光熱費が上がる

肯定的な口コミ

●●HITACHI製エコキュートの家に住んでいます。とにかく電気代とガス代が安いです。

一軒家に家族4人で住んでいますが、エコキュートにする前は、電気代は月々およそ15000円かかっていました。しかし、今は月々6000円くらいです。ガス代は1600円ほどです。こちらもほぼ半額です。

ただ、お風呂に時間差で入る時は、お湯がなくなる事が多いので困ります。その際は、いちいちお湯を沸かす必要があります。お湯を沸かすにも、非常に時間がかかります。省エネモードにしているせいもあります。高速さし湯にするのがお勧めです。

住んでいるのが寒い北国ではなく、関東なので、それほど電気代もかからないのかもしれませんが、それでも、エコキュートにする事でこんなに光熱費がかからなくなった事には驚いています。

導入費用は確かに比較的高額かもしれませんが、それだけのメリットはあったと思います。

●●私の家はパナソニック製の370Lのエコキュートを使っています。エコキュートといえば、やはりデメリットをあげるとすれば、お湯切れだと思います。

3人家族で生活しているのですが、今のところお湯切れになった事は、盆と正月に一回ずつあります。その時は両親と親戚が家に来てお風呂に入ったので、途中でお湯切れになってしまいました。

460Lだともう少し違ったのかもしれないのですが、370Lで普段3人で使っている分には支障がなかったので、物自体は使いようだと思います。正直、人数が多ければ460Lにしたらいいでしょう。

お金の話しになりますが、以前プロパンガスを使っていたので差は歴然です。エコキュートの方が断然安いです。お湯を作るのに深夜電力を使うみたいで、とてもエコです。ガスが無くなって、電気だけ支払いをしていますが、以前よりかなり安くなりました。もちろん電気代は少し上がりました。

また、メンテの話しですが、以前不具合があった時に、工務店さんに連絡を入れたら次の日にすぐ駆けつけてもらえて、とても助かりました。おそらくメーカーが手配してるのだろうと思います。私は今、エコキュートに変えて本当に良かったと思っています。

●●我が家はオール電化なので、電気料金は「最もお得な深夜料金が昼間の半額」というプランに入っています。その上で、エコキュートはなくてはならない節電の主役でもあります。

エコキュートはお風呂はもちろん、洗面所のお湯など、すべて深夜に沸かしたものを使っていますので、電気料金の割高な日中に沸かすことがないよう、あらかじめ一日に使うお湯の量をむだなく設定することができます。

冬になると、お風呂のお湯が冷めて追い炊きしたり、洗面所や流しでお湯を使う事も増えるため、夏より多めに設定します。

エコキュートがどのようなしくみでお湯を沸かすのかはよく分かりませんが、エコキュートの中は清潔に保たれているようです。また、お風呂の配管の掃除をしたい時も、手順にのっとって、洗剤を入れ、配管洗浄というボタンを押すだけですので、お手入れも簡単です。

エコキュートを使うようになってから、節電への意識がまったく変わり、自分がどれだけの電力を必要としているか、またその電力にかかる費用も意識するようになりました。

エコキュートを使えば、夕方のお風呂を沸かすという作業だけをとっても、ほとんどの家庭がいっせいに使う時間帯を避けて、別の時間に電力を使うことができるのです。

●●5年ほど前に自宅をリフォームし、その時からエコキュートを利用しています。それ以前は灯油を使ったボイラーで湯を沸かしていました。

原油価格が不安定で、使用頻度にもよりますが、頻繁に灯油タンクへ給油する必要がありましたので、灯油のボイラーと比べますと初期投資は高かったものの、導入することにしました。

結果は非常に満足しており、特にメンテナンスがほとんど何も必要ないので非常に重宝しています。あえて難点を上げるなら、灯油のボイラーに比較すると湯の圧力が低いことくらいだと思います。

これにつながる我が家での出来事を紹介しますと、リフォームの時に付け替えたのはご紹介した通りですが、エコキュートは2階以上での湯の出が悪くなると聞いておりまして、我が家でもリフォームを機に2階での湯の出が極端に悪くなりました。

業者に聞くと「こんなもんですよ」というので仕方ないと思い、使ってましたが、半年ほどして該当する蛇口のストレーナーを掃除した際、大量の異物が取れ、それ以来は1階と同様に湯の出が良くなりました。

工事の時に出た異物が原因だったようです。心当たりのある方は参考になさってください。

●●新築の際にオール電化対応としてエコキュートを選択しました。皆さんもご存知と思いますが、エコキュートは電気料金の安い深夜電力を使用し、外部に設置してあるヒートポンプでお湯を沸かし、巨大なマホービンのようなタンクにお湯を貯めます。その貯めたお湯で1日分を賄うものです。

従来の湯沸かし機とは異なり、お湯が沸くまでのタイムラグが無く、設定温度で何時もすぐお湯が出る優れものです。お風呂はもちろん、キッチンやサニタリーなど何処でもお湯が使えます。特にお風呂に入る時間がバラバラな我が家では大助かりです。

ただし、エコキュート設置の場所が水回りより離れていると、離れている距離に比例してお湯が出るまで時間がかかるので、エコキュートからの動線はできる限り近い方が効率が良いでしょう。

また、私は宮城県在住で東日本大震災にも遭遇したのですが、この時に意外にもエコキュートに助けられました。我が家の給湯容量は450リットルです。震災で断水した時に給湯器の貯水が生活用水として利用でき、助けられました。

復旧状況も電気の回復が一番早く、オール電化の我が家は、近所でもいち早く通常生活を取り戻す事が出来ました。

東北では最近の新築の場合、ほとんどがエコキュートを設置しているようです。オール電化住宅+太陽光発電と言ったコラボ住宅では、エコキュートがベスト商品ではないでしょうか。

否定的な口コミ

▲▲8年ほど前にエコキュートに切り替えました。最大の特徴はガスを全く使わない事で、ガス料金が無くなったことです。また、電気料金が安い深夜にかけてタンク内に給水して温熱にする事で、電気料金がガス料金よりも掛からない為、家庭の節約にもなりました。

変わった事としては、タンク内の温水量が決まっているので、気を付けて利用しなければならないことです。

過去、お風呂に入れる際、お風呂の栓が閉まってなくて無くなってしまい、急遽タンク内に給水したことはあります。給水センサーは付いていますが、家族の人数が多いために足りなくなります。タンクの容量も大きいのにしていますが、それでも駄目でした。

あと、「タンク内の清掃による沈殿物の廃出を定期的に」と言われていますが、正直出来ていません。一番心配なのが電気的コントロールで作動しているので、何時壊れるかが心配です。壊れることによるリスクが高いと今は感じています。

家電の保証期間が過ぎた場合、如何すればよいのか。私自身10年くらいで壊れると思っていますので、変える時期も見据えながら考えている今日この頃です。

▲▲5年ほど前、我が家が築20年経過し、厨房機器やお風呂の設備が古くなっていたことや、2人いる子どものために独立した部屋が必要になったこと、そして東日本大震災で外壁などに亀裂が生じたことなどから、大幅なリフォームも行った際にリフォーム屋さんの勧めもあり、エコキュートを導入しました。

工事費も含めて58万円ほどかかりましたが、電気料金が将来にわたってお得になることや、その時はまだ国からの補助金もありましたので、あまり迷わずに購入しました。

夜間の電気料金が安い時に、日々の給湯量を計算して必要と思われる量しか作らない機能も付加されているので、省エネにはもってこいだと思います。

ただ、自宅を離れている息子が帰省したりして、シャワーなどを大量に使用すると湯量が足りなくなり、高温足し湯や追い焚きが出来なくなることもあり、この機能はメリットであると同時に、デメリットにもなっています。

また先日、水が漏れている故障がありましたが、修理を頼もうとしても近所には代理店が無いことを知り、対応してもらえたのは翌々日になってからでした。エコキュートを推奨するなら、故障の際も安心できる体制を整えてもらいたいです。